top of page

施設基準について

更新日:5月31日

■在宅医療DX情報活用について

1.医師が医療同意取得型のオンライン資格確認等システムにより所得した診療情報等を活用して、計画的な医学管理の下に、訪問して診療を実施しています。

2.マイナ保険証の利用を推進する等、医療DXを通じて質の高い医療を提供できるよう取り組んでいます。

3.電子処方箋の発行及び電子カルテ情報共有サービスなどの医療DXにかかる取組を実施しています。


■在宅医療連携について

在宅患者の診療情報等について、連携機関とICTを用いて共有し、当該情報について常に確認できる体制を有してます。

主な連携機関


・訪問看護ステーション雅

・訪問看護ステーション結

・訪問看護ステーション憩

・晃成会訪問看護ステーション

・訪問看護ステーションかいな

・聖隷訪問看護ステーション宝塚

・おかもと訪問看護ステーション宝塚

・おかもと訪問看護ステーションとよなか

・めばえ薬局

・はいたつ薬局

・クムケア訪問薬局 塚口ラボ

・訪問介護ステーション日本福祉サービス西宮



■オンライン診療について

情報通信機器を用いた診療の初診において向精神薬の処方は行いません。

閲覧数:28回0件のコメント

最新記事

すべて表示

​患者さんご家族へのお知らせ

当院より「適切な意思決定に関する指針」と「機能強化加算のお知らせ」についてお知らせします ​                         あさい訪問診療所  院長 浅井 健佑 ■適切な意思決定に関する指針 あさい訪問診療所では、患者さんが適切な意思決定をすることができるように、以下の指針を定めます ​ ①医師等の医療従事者から、現状、医療行為等の選択肢、今後の予測などの適切な情報提供を行います

Comments


bottom of page